ジョージア(グルジア)ワインの製造法

ジョージア(グルジア)ワインの製造法

ジョージア(グルジア)ワインの製造に用いられる「クヴェヴリ」「マラニ」

ジョージア(グルジア)ワインは独特で伝統的な方法を用いて製造されています。
ワイン農家ではまず、収穫してつぶしたブドウを入れるための素焼きの壷「クヴェヴリ」作りから始めます。
そのクヴェヴリは、石造りの蔵「マラニ」の床に埋め込まれ、そこでワインを発酵・熟成し、上質なものへ仕上げていくのです。

ユネスコ無形文化遺産に登録された製造法

ユネスコ無形文化遺産に登録された製造法

豊かな大地の恵みであるブドウを、再び土中に埋めるという、土から生まれ、土に還すという独特で、伝統的な壷造りのワイン製法は、2013年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。
この古くから伝わる製法は、脈々と現在までジョージアの地で引き継がれているのです。

時代を経て、クヴェヴリを用いない近代的な醸造方法も取り入れられましたが、グルジアの土壌や気候から生み出される、高品質なブドウで作られるジョージアワインは、ヨーロッパ製法のワインとは一線を画しています。