ジョージア(グルジア)ってどんな国?

ジョージア(グルジア)ってどんな国?

ジョージア(グルジア)とは?

ジョージアは、首都をトリビシに置き、カスピ海と黒海に挟まれたコーカサス山脈の南麓に位置する、人口約430万人の国です。
日本では、2015年4月に「グルジア」の呼び名を「ジョージア」と改める法律が成立し、現在ではジョージアと呼ばれています。
民族は、グルジア系、アゼルバイジャン系、アルメニア系、ロシア系、オセチア系から構成されており、人々はグルジア語を話します。宗教はキリスト教です。

ジョージアは、昔から長期に渡って数多くの民族が行き交う交通の大切な地点となってきました。
さらに、約180万年前のものと考えられるホモ・ゲオルギクスの化石が発掘されたことにより、ユーラシア大陸の人類拡散に大きな役割を果たした重要な土地として位置づけられるようになりました。

ジョージア(グルジア)でできるブドウ

ジョージア(グルジア)でできるブドウ

ジョージア東部のカヘティ州は、豊かなブドウの産地として名高い地域で、「サペラヴィ」、「ムツヴァネ」、「ルカツィテリ」などは良質な土着のブドウ品種が収穫されます。
ジョージアワインの豊かで自然な味わいはこれらの個性的なブドウ品種に由来しています。