ベシーニ

ベシーニ畑

ジョージア(グルジア)ワインのワイナリー「ベシーニ社」と商品のご紹介です。

ベシーニ

ベシーニ 紹介

ジョージアのワイン醸造文化は、8000年の月日をかけて、現在まで発展してきました。
世界の多くの科学者らが、南コーカサス山脈がブドウの栽培の起源だと主張しています。
カヘティ州はジョージアにおける歴史的なワイン醸造の中心地です。ベシーニ社のブドウ園がある、同州ツィナンダリ集落も、特有の地理的環境や気候、日照条件や肥沃な土壌など、最高品質のワイン生産のための、良好な条件が揃っています。このように品質向上と革新をつづけた、ベシーニ社の取り組みは、万国博覧会で様々な賞につながりました。

6商品

  • < 前
  • 次 >
6件 1-6表示
  • <
  • 1
  • >
6件 1-6表示
  • < 前
  • 次 >

ベシーニ社概要

「ベシーニ」とは古いジョージア語で、“wine for sacrifice”―「神への供物のワイン」を意味しています。
ジョージアの地では先祖代々、ワイン造りの文化が受け継がれてきました。
その感謝の印として、できたワインを、神様へ捧げる習慣があったことに由来しています。
2004年以降、ベシーニ社では、高品質のワインと最高のブドウをジョージアで生産し続け、様々な受賞履歴をもち、各国への輸出実績もあります。

ジョージアワインの人気と需要の増加

ベシーニ社は、輸出にも力を入れています。
ロシア、カザフスタン、ウクライナ、中国、カザフスタン、香港、ポーランド、チェコ共和国、ラトビア、リトアニア、エストニアとドイツなどその他ヨーロッパ諸国へ輸出を行っております。
2015年以降、ジョージアワインの人気と需要の増加に伴い、約200万本のワインを各国へ輸出しています。